ビジョンと情熱 ~安形真のblog~

農にまつわる仕事。地域を元気にする仕事。あとちょっとだけ日記っぽいもの。

西条の人になる

愛媛県西条市に移住したのが2018年3月ですので、もう一年経ってました(笑)

あっという間の一年で、西条で多くの知り合いができて、いろんな場所を知って、だいぶ西条に詳しくなったと思っていました。

 

ですが、今日たまたま知らない道を通ってみると、水のない川の中に菜の花がどかーっと咲いているのを見て、人に知られていなくとも美しく心惹かれる風景がまだまだたくさんあるんだろうなぁと再確認。魅力的な人もまだ出会えていないだけで、きっとたくさんいるんだろうなと思いました。

 

f:id:agatamakoto:20190309131508j:plain

 

こんなことを考えながら、前から妻が行きたがっていた古民家カフェの「no1」(ノイチ)さんへ。

 

f:id:agatamakoto:20190309131859j:plain

 

f:id:agatamakoto:20190309131959j:plain

 

f:id:agatamakoto:20190309132030j:plain


お店のたたずまいもとても良い感じで、使っているテーブルや椅子も素敵。
コーヒーカップひとつとってもノリタケウェッジウッドが使われていて、非常に細部にまでこだわってらっしゃる。

また奥様の接客が細やかで丁寧で、想像の上をいくサービスをしていただき感動しました。30分程度の短い滞在時間でしたがとても幸せなひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

 

話は変わりますが、移住してある一定期間までは人の紹介などで急激に交友関係が広がり、いうなれば波に流されるまま西条の人間関係ができあがってきました。それはそれで非常に良かったんですが、途中から自らの足で積極的に人の輪を広げる行為をあまりしていない自分もいました。

今日の菜の花の光景やno1さんとの出会いは、そんなことを気づかせてくれたような気がします。まだまだ西条にはたくさん良いところがあって、魅力的な人がいて、それらを宝探しをするように、また新鮮な気持ちで西条で暮らしていきたいと思います。 

 

1年間、まったく知らなかった土地で暮らしてみて、本当に色んな人にお世話になって、かわいがってもらって、居場所を作ってもらって…本当に感謝しています。

西条のことが好きだと偽りない言葉で言える自信があります。

だからこそこの町のために、この町に住む人のために、知恵を絞り、汗をかこうと本気で思えます。

1年前は口ではそんなこと言ってましたが、今と比べたら気持ちの面ではまだまだだったと思います。

 

多分、西条の人から見たら「なんで移住者が他所のまちのためにやるの?」って思うような気がしますが、僕も西条のことを他人事でなく「自分事」として捉えられるようになるまで多くの時間が必要でしたし、そのためには西条の人たちに僕を「西条の人だ」と認めてもらうことも重要だったと思います。

ただ住むだけではなく、ただそこで仕事をするだけではなく。

それらを超えて「西条の人」になるというプロセスがこの一年で最も自分にとっての重要なことだったような気がします。

多分いつまでたっても僕はよそ者と言われ続けるでしょうが、そんなことを言われても「僕は西条の人だ」と言える自信があります。だからこそ、これからの1年はもっと深いレベルでの仕事ができるはず。そして、それはきっと僕にしかできない仕事になるでしょう。

 

7人の移住してきた起業家たちもいずれ自分の事業を通して、「西条の人」になる瞬間がくるでしょう。案外、この瞬間がローカルで起業する際に最も重要なことなんじゃないかと思っています。たまたまですが、西条はそれがしやすい環境でもあるし、そこを活かすことは今まで誰もやっていない領域かと思います。

そんなことを想像しながら、どう盤面を動かしたらうまくいくかを考えているときが一番楽しかったりします(笑)

何が起ころうと、これからまた1年楽しくワクワクしながらやっていきますので、西条の皆様よろしくお願いします♪